お供えの花を贈りたい

お供えのお花・周忌や法要のお花

霊前・仏前の横に供えていただく場合、そのまま飾れるタイプのフラワーギフト“ワンサイドアレンジ”“ロースタイルアレンジ”“マジックブーケ”などが最適です。
水遣りなどメンテナンスの必要がないので、先方様にもお手間をとらせません。

お寺で法事や法要の執り行う場合、お供えの花は祭壇の両脇に花瓶を設置し、お花を活けて飾るのが一般的です。
こういったシチュエーションに贈るアイテムは“ワンサイドブーケ”が最適です。
あらかじめお花をバランス良く組み上げていますので、ラッピングを外せばそのまま祭壇の花瓶に飾れますし、法要後はそのまま墓前にお供え出来ます。

貴方の知り合いが大事にしていたペットが亡くなってしまい、傷心のご友人にお供えのお花を贈る場面。
そんな時には、コンパクトでスペースをとらないアイテム“マジックブーケ”“ロースタイルアレンジ”“ボックスアレンジ”などがおすすめです。“アートフラワーアレンジ”を選べば、写真の横などにずっと飾って頂くこともできます。

お供えの花を選ぶ際の注意点

*お花の色選びですが、四十九日が終わるまでは ホワイト・グリーン系(いわゆる白流れ)でまとめるのが無難です。
 (近親者や親密な関係の方であれば、故人がお好きだった花や色を加えるのは可です。)
*仏教の場合、”棘のある花”をお供えに使うのはNGです。(キリスト教などでは、問題ありません。)
*ペットのお供えにお持ちする花には制限などありません。飼われていたワンちゃんやネコちゃんのイメージで
 お花を仕上げれば、贈り先様もよろこんで頂けるはずです。

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

インスタグラム

カテゴリ一覧