元気のでるお花を贈りたい

お見舞い・快気祝い

毎日が味気ない病室での療養生活。
ですが、お花には飾るだけでその場を雰囲気を明るくする効果もありますし、入院されている方の気持ちを和らげ、元気をあたえる不思議な力をもっています。
お見舞いに贈るギフトとして、お花は最強のアイテムです!

また、入院生活はなにかと不自由で、身の回りのことも思うようには出来ません。
お贈りするフラワーギフトは、「長く楽しめ お手入れ不要」のフラワーギフトを選びましょう。
また、病室は最低限のスペースしか確保されていないのがほとんどです。
ちょっと空いたスペースにも飾れる、ちょうどいいサイズのフラワーギフト“マジックブーケ”“ロースタイルアレンジ”“ボックスアレンジ”などをセレクトすれば、飾る場所探しに困ることもありません。

お見舞いのお花を贈る時の注意点

*お見舞いに持っていくお花は、元気が出る”ビタミンカラー”のイエローやオレンジ色で仕上げてもらうのがGOOD!
*葬儀を連想させるホワイト系や血の色を連想させるレッド系は、NGカラーです。
*ご病気の症状や病名によっては、病室への生花持ち込みを制限されている場合があります。事前に、確認しておくことをお勧めします。
*お見舞いに”根がついた花(鉢の花)”を持っていくのは絶対NG!!(病室に根が生えたように居座ってしまうという意味があるため。)

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

インスタグラム

カテゴリ一覧